ヒプノセラピー

 

〈ヒプノセラピーとは〉

 

ファシリテーター(セラピスト)とのラポール(信頼関係)の元で、トランス状態を創り、その状態でセッションが行われるのがヒプノセラピーです。トランス状態とは、起きているのと眠っているのの中程あたりで、ゆったりとしながらも意識はしっかりしているという、心地のよい状態のことです。この心地よい状態こそが、日常の雑念で容量オーバーになっている意識層をたやすく飛び越え、クライアント本来の力(リソース/人間力)の宝庫である無意識層へと、私たちを誘導してくれるのです。

 

尚、ヒプノセラピーというと、中には、前世療法を指す言葉だと思われている人もいるようですが、クライアントが望まない限り過去性や前世にアプローチすることはありません。

 

inluce吉野は、国際的に知られたヒプノシス・NLP講師であるプレマンダ・R. ベイジーとプラボーディ・ミルデンベルグ両名の元で10日間のヒプノシストレーニングを修めています。

ヒプノセラピーは、あなたの意識マインドと無意識マインドの協働をサポートするセラピーです。

 

意識と無意識との関係は、しばしば海面の氷山と、水面下の氷山との関係に例えられます。もしあなたが、今現在なんとなくエネルギー不足を感じていて、そのために決断ができなかったり、自分に自信を持つことができなかったり、自分の未来に夢や希望といったポジティブな要素を見いだすことができない状態であるならば、未活用の95%の力(無意識/水面下の氷山)の出番です。

 

自分の内側の豊かさや力強さに気づいていくことは、自分自身の夢や希望を一つずつ確かなものへと導いていってくれます。


 

〜このような方に〜

 

・頭では理解できているが、

どうしても変わらないパターンを

変えていきたいと思っている方

 

・無意識マインドを

もっと信頼できるようになりたい方

 

・ボディワークではとれない心身の緊張感を

緩めたい方



ヒプノシス・グループワークショップのお知らせ

 

くつろぎをマスターするセルフヒプノシス講座

〜からだの知恵がもたらすアバンダンスなくつろぎ〜


■日時:2015年7月11日-12日 10:00〜17:00(予定)
■会場:イン・ルーチェ(愛知県豊川市)
■受講料:48,000円
■定員:12名
■申込み〆切:2015年6月30日
■お申込・お問合せ先:イン・ルーチェ
 inluce@7jigen.com
   0533-83-5308  /   080-9729-0257
   www.inluce.info    吉野かみぃ まで。


ヒプノシスの技法を使って自分自身の無意識と対話することを学んだり、私たちのマインドがどんなふうにからだをコントロールしようとするのかといった認識を通して、からだの知恵に信頼を置くことで得られるアバンダンスなくつろぎを体験的に手に入れます。

外側の豊かさ、ゆとりが自然発生的に起きてくることを意図したプログラム構成となっています。


ダウンロード
ヒプノ豊川2015.pdf
PDFファイル 524.5 KB

講師プロフィール

プレマンダ・R. ベイジー


プレマナンダはヒプノセラピスト修士課程を修了し、NLP指導者でもあり、GTCのメンバーでもあります。彼は国際的に知られた指導者です。

プレマナンダは彼のワークに多次元的システムのアプローチを取り入れています。

彼は特に創造性やセルフ・ヒーリング、罪の意識やさまざまな中毒症などの領域や、どのようにして自身を尊重するかにヒプノシスを用いることに関心を持っています。彼のユーモアと、この分野でワークをしてきた長年の体験が、トレーニングに気軽さや明晰さをもたらし、参加者はくつろいで楽しく参加できるのです。

プラボディ・ミルデンベルグ


プラボーディは弁護士で、ヒプノシストとして、またNLP講師としての資格を持ち、グローバルトレーナー&コンサルタントネットワーク(GTC)のメンバーでもあります。
 
彼女は特に感情と身体と精神の健康のためにヒプノシスを用いることをしてきました。

これまでの18年間、数えきれないほどのクライアントとワークし、成功を収めてきました。世界中のさまざまな国でトレーニング、指導、セッションをしていきています。

彼女の個性的で、フォーカスされたトレーニングへのアプローチは、ヒプノシスの本質を無理なく伝達するため、参加 者はそれを簡単に理解していけることに喜びを見いだし、そこに参加していることでヒプノシスの技術を彼ら自身に行えることを知るのです。

寛ぐことも一つの技能です。
今日の私たちのライフスタイルは、余りにも“寛ぐこと”や“寛ぎ”から遠ざかっています。

確かに、ソファに座ってお茶を飲みながらネットやTVを見たり、気の合う仲間と美味しいお酒を楽しんだり、温泉やガーデニングなどなど…多種多様な過ごし方でリラクゼーションや気分転換を味わうことは可能です。
そしてそれらの多くが、日常のストレスや雑事から私たちを遠ざけて、束の間の憩いを与えてくれているのも事実です。しかしこのような憩いの最中であったとしても、私たちの胸中には、依然として仕事や家庭の問題や、対人関係のストレスなどが過ぎり、寛ぎの感覚が薄れてしまう、というのも現実の有様です。なぜ、このような状況が繰り返されるのでしょうか?

私たちが言うところの“寛ぎ”とは、「憩い」とは異なった次元にあり、異なった質を備えています。“純粋な寛ぎ”の次元においては、例え、仕事や家庭の問題や、対人関係のストレスなどが過ぎったとしても、それらが私たち自身の“寛ぎ”を奪うということはありません。
それはまるで、水圧や気圧の抵抗に逆らうことなく、美しい海中を漂いながら水との一体感を味わっているような感覚と言えるかもしれません。

このような“寛ぎ”は、体感覚として起こります。このため、身体には“寛ぎの正体”を知り、必要に応じて、その“寛ぎ”を日常生活の中で追体験できるような技能をマスターしてもらう必要があります。とはいえ、それは未知の難しいことを覚えるのではなく、無意識マインドが承知している感覚を呼び覚ますだけなのです。

ヒプノシスは瞑想と同様に、私たちがこのような純粋な寛ぎの感覚を得るための技能に、私たち自身が気づくことを可能にするものです。この2日間のワークショップでは、ヒプノシスの催眠意識状態から純粋な寛ぎに入っていくことを体験・体感していきます。そして無意識マインドのレベルから、身体が備えている知恵に出会い、自分自身の内なる豊かさを実感していきます。


このたびの2日間の目玉は女性と男性の声によるダブルのインダクションーー催眠に入っていくためのガイドを男女の声で聞けるというアバンダンスな体験ーーがもたらす深いくつろぎをお届けします。


個人セッションのお知らせ

毎回大人気のヒプノシスセッションもわずかですがオープンしています。

60分セッション20,000円+通訳5,000円

7月13日(月)と7月14日(火)の2日間11:00〜 / 12:15〜 / 14:30〜 / 15:45〜 / 17:00〜

希望の講師、通訳の有無を明記の上、ご希望の時間帯を教えてください。先着順にてお早めのお申込をお薦めいたします。

<二人からのメッセージ>
私たちの大好きな日本のみなさんに今年もお会いできるのを楽しみにしています。

 

2015年は「アスペクト to アバンダンス」というコンセプトのもと、【“からだ”“マインド”“感情”が持つ豊かさ】について、ヒプノ体験を通して気づきをもたらすワークショップの開催となります。これらは、愛知、大阪、神奈川でシリーズとして展開されます。

■大阪開催「マネーグループ」
  7月18・19・20日(土日祝)新大阪
□連絡先:数野ギータ
  info_angelica@yahoo.co.jp

■東京開催「過去の傷を癒やすヒプノシス」
  7月25・26日(土日)江ノ島KKR
□連絡先:斉藤ダソ
  daso@cleanlanguage.jp
  090-7599-3693

お申込はこちらから



ヒプノティックヒーリング個人セッション

  90分:15,000円   ※延長は15分毎2,000円    

お申し込みはこちらから


ヒプノセラピーには、瞑想効果に類似したマインドフルネス作用があります。24時間休むことがなく絶え間なく動き続けている思考(脳)や、長時間のPC作業等で緊張を解くことがない眼球などは、トランス状態の元で、ゆったりと緩めていくことができます。日々忙しいビジネスパーソンの方にお薦めのセッションです。