クリーン言語について

クリーン言語は、ディビッド・グロブによって創始され、その後、カイ・デイビス・リンとの共同研究により進化と発展を遂げるカウンセリングの技法です。

 

その最大の特徴は、クリーン言語の質問法にあります。一切の前提をおくことなく尋ねられる質問技法を用いることによって、クライアントは、支援的立場(コーチ・カウンセラー・セラピスト等)にある人の価値観や思考形態に左右されることなく、自らにとって、もっとも有機的で、継続可能な解決策を発見することが可能となっています。


この質問技法に支えられたクリーン言語のセッションでは、クライアントのネガティブなコンディションや、機能していない、あるいは望んでいない思考・感情などを解消させ、クライアント自身が望む解決策を見つけ出していきます。

 


また、もう一つの特徴としては、クライアント(来談者)の方は、問題の内容や実情を明らかにする必要がないということです。

 

そのため、あなたの問題に関わるプライバシーは元より、あなたが抱える問題に関与している他者のプライバシーも、完全に保護された状態でセッションをお受けいただくことができます。

 

また、問題に伴う思い出したくない、あるいは話したくない出来事・思考・感情についても取り上げる必要はありませんので、不快な再体験や追体験を繰り返す必要もありません。

クリーン言語の問いに、応答する形式で発話されたクライアントの言葉から、その人にとって固有で特別なメタファー(比喩)を導き出します。

 

そしてそのメタファーにとって、有機的となるナラティブ(物語)を発展・展開させながら問題の解消を促します。

 

時には、自分が想像もしていなかったメタファーが出現し、思いもよらない展開が繰り広げられることに、びっくりされることもあります。

 

この、「思いもよらない」、「びっくりするような」という所感を抱くことこそが、問題が本質的に解消に向かったことの証でもあります。

 

なぜなら、「想像の範囲」で繰り広げられることは、従来のパターンの繰り返しであり、問題の本質的な解消・解決には至らないからです。

このように、クリーン言語のセッションでは、クライアントは、語ることを望まない問題の内実を語る必要がないだけはなく、カウンセラーやコーチの価値観に指導・支配されることなく、自らの認識の元で、問題の解消・解決、ならびにゴール・願望に到達することが可能となります。

 

クライアントへの敬意を何より重要視する在り方がクリーン言語のセッションの神髄です。

 メタファー(比喩)や、シンボルを用いるクリーン言語のセッションは、通常のカウンセリングセッションに比べ、はっきりと意味の分かる言語が使用されないというところに特徴があります。

はっきりと意味の分からない状態でのセッションに、最初は戸惑いを覚える場合もあるかもしれません。

 

しかし、私たちの心の深層部は、はっきりと意味が分かる状態にまで、明瞭に言語化された内容には、余り影響を受けません。むしろ、通常の意味としては不明瞭な状態の言語であるほどに、影響を受けやすくなります。

このため、「分かっているけれど行動できない」という問題の解消に、メタファーやシンボルを使用することに、有用性が発揮されることになるのです。



 

 

 

 

 

 

 

クリーン言語(Clean Language)の共同開発者のお一人であるカイ・デイビス・リン先生と