クリーン言語について

クリーン言語は、ディビッド・グロブによって創始され、その後、カイ・デイビス・リンとの共同研究により進化と発展を遂げるカウンセリングの技法です。

 

その最大の特徴は、クリーン言語の質問法にあります。一切の前提をおくことなく尋ねられる質問技法を用いることによって、クライアントは、支援的立場(コーチ・カウンセラー・セラピスト等)にある人の価値観や思考形態に左右されることなく、自らにとって、もっとも有機的で、継続可能な解決策を発見することが可能となっています。


この質問技法に支えられたクリーン言語のセッションでは、クライアントのネガティブなコンディションや、機能していない、あるいは望んでいない思考・感情などを解消させ、クライアント自身が望む解決策を見つけ出していきます。

 


また、もう一つの特徴としては、クライアント(来談者)の方は、問題の内容や実情を明らかにする必要がないということです。

 

そのため、あなたの問題に関わるプライバシーは元より、あなたが抱える問題に関与している他者のプライバシーも、完全に保護された状態でセッションをお受けいただくことができます。

 

また、問題に伴う思い出したくない、あるいは話したくない出来事・思考・感情についても取り上げる必要はありませんので、不快な再体験や追体験を繰り返す必要もありません。

クリーン言語の問いに、応答する形式で発話されたクライアントの言葉から、その人にとって固有で特別なメタファー(比喩)を導き出します。

 

そしてそのメタファーにとって、有機的となるナラティブ(物語)を発展・展開させながら問題の解消を促します。

 

時には、自分が想像もしていなかったメタファーが出現し、思いもよらない展開が繰り広げられることに、びっくりされることもあります。

 

この、「思いもよらない」、「びっくりするような」という所感を抱くことこそが、問題が本質的に解消に向かったことの証でもあります。

 

なぜなら、「想像の範囲」で繰り広げられることは、従来のパターンの繰り返しであり、問題の本質的な解消・解決には至らないからです。

このように、クリーン言語のセッションでは、クライアントは、語ることを望まない問題の内実を語る必要がないだけはなく、カウンセラーやコーチの価値観に指導・支配されることなく、自らの認識の元で、問題の解消・解決、ならびにゴール・願望に到達することが可能となります。

 

クライアントへの敬意を何より重要視する在り方がクリーン言語のセッションの神髄です。

 メタファー(比喩)や、シンボルを用いるクリーン言語のセッションは、通常のカウンセリングセッションに比べ、はっきりと意味の分かる言語が使用されないというところに特徴があります。

はっきりと意味の分からない状態でのセッションに、最初は戸惑いを覚える場合もあるかもしれません。

 

しかし、私たちの心の深層部は、はっきりと意味が分かる状態にまで、明瞭に言語化された内容には、余り影響を受けません。むしろ、通常の意味としては不明瞭な状態の言語であるほどに、影響を受けやすくなります。

このため、「分かっているけれど行動できない」という問題の解消に、メタファーやシンボルを使用することに、有用性が発揮されることになるのです。

〈セッション抜粋例〉

コーチ:そして、このセッションを通じて何が起こって欲しいのでしょう?
C :緊張してしまう。緊張がゆるくなったらいい。和らげるようになりたい。新しい職場で緊張が和らげばいい。
コーチ:そして、新しい職場で緊張が和らげばいい、の時、 緊張が和らいでいないことを、どのようにして気づいていますか?
C :身体がガチガチになる。腰に力が入る。
コーチ :そして、 腰の力が入るの時、腰のどの辺りに力が入るのでしょう?
C: 腰の背骨の辺り。
コーチ :そして、腰の背骨の辺りの時、腰の背骨の辺りの内側ですか?外側ですか?
C:内側。
コーチ:そして、腰の背骨の辺りの内側の時、それに形や大きさはありますか?
C :四角い。サイズはない。
コーチ:そして、腰の背骨の辺りの内側で、四角くて、サイズはない時、それは何のようでしょう?
C:コンクリート。

  (以降、コンクリートというメタファーを、発展させて、成長させながら、プロセスを進めます。)

 

(中略)…以下では、コンクリートのメタファーを発展、成長させる過程において、その他のメタファーも出現しています。

 

コーチ:そして充分に時間をとってみましょう……そんなに動かなくていい感じのスーパーボール……、そんなに固くならなくなる壁……、湯気が出てくるおにぎり……、に充分に時間をとってみましょう。
コーチ:そして、それから何が起こりますか?
C:頭の力が抜ける。
コーチ:そして、頭の力が抜けるの時、それはどのような頭の力ですか?
C:眉間に入っていた感じ。緩んでいく感じ。
コーチ:そして眉間に入っていた感じ、緩んでいく感じの時、ガムにどのような違いがありますか?
C:勝手に取れてなくなる。
コーチ:そして、ガムが勝手に取れてなくなるの時、コンクリートにはどのような違いがありますか?
C:厚みがなくなって柔らかくなる。
コーチ:そして充分に時間をとってみましょう……勝手に取れてなくなるガム、厚みがなくなって柔らかくなるコンクリート……に充分な時間を取ってみましょう。それから何が起こりますか?
C:身体が動きやすくなる。

コーチ:そして身体が動きやすくなるの時、腰に力が入るにどのような違いがありますか?
C:ガチガチの時は伸びない。制限がある感じ。それが無くなって柔軟で伸びる。
コーチ:そしてガチガチの時は伸びない。制限がある感じ。それが無くなって柔軟で伸びるの時、それはどのような伸びるでしょうか?
C:縦にも横にも伸びる。

 

 

※クライアントさんの承諾を得て、掲載しています。

※今後も、少しずつ、セッション事例を掲載したいと思いますので、時折、ご覧頂けると幸いです。

 

「そして、何が起こって欲しいのでしょう?」(What would you like to have happen ?)

クリーン言語のセッションは、この独特の言い回しによる質問から始まります。日常では使われることのないフレーズこそが、私たちが、普段の生活では発見することのできない、問題の解消法を探り出すことを促します。

 

また、クリーン言語のセッションでは、クライアントの方の願望やゴールを尋ねますが、その願望やゴールを発展させるのではなく、その願望やゴールを抱いている現時点にフォーカスをし、その現実の位置から、ゴールや願望に向かって、プロセスを展開させていきます。

 

そのため、クリーン言語のセッションでは、セッションションで得た気づきが、「絵に描いた餅」に留まることなく、実際の日常生活での変化へと通じていきます。

 

また、このセッション事例にあるように、「腰に力がはいる」「ガチガチになる」といった、問題の状況下での体感覚が、コンクリートというメタファーに置き換えられ、それを発展、成長させる過程の中で、質的に変容を遂げていきます。

その結果として、「制限がある感じ。それが無くなって、柔軟で伸びる」という、身体的感覚の変化が生まれてきます。

 

「実際に身体が軽くなった」というフィードバックも、セッション後に多数寄せられています。

 

クライアントさんご自身の言葉を、介入のないクリーンな問いと用いることで、他者からの影響を受けることなく、クライアントさん自身にとって、もっとも自然で、サスティナブル(持続可能な)解決策を、パーソナルナラティブ(個人特有の物語)として創出されていかれます。

 


また、クリーン言語のセッションでは、問題の解消を目的とするだけではなく、自分の特技や強み、あるいはポジティブで良好な状態いいる時などを、「それは何のようでしょうか?」と尋ねることで、イメージング(可視化)がスムーズに進みます。さらに、クリーン言語の質問により、そのイメージされたものから、あなたの固有のメタファーを導きだし、そのメタファーを発展、成長させることにより、あなたの日常生活に、一層役立つ強みやコンディションへと展開させることが可能です。


 

 

 

 

 

 

 

クリーン言語(Clean Language)の共同開発者のお一人であるカイ・デイビス・リン先生と