コーチング&カウンセリング

親しい人のアドバイスであったとしても、自分にフィットしない場合もあります。また、どんな人であっても、自力で辿り着くことが難しい解もあります。そのような時に、イン・ルーチェのコーチングやカウンセリングをお役立て下さい。

公私を問わず、家族や友達などには話しづらいなぁ…というようなことは誰にでもあるものです。

このような時、カウンセリングやコーチングと呼ばれる個人セッションを受けることにより、メンタルや感情の整理整頓を行ったり、解消策を見つけ出すことが可能になります。ところが日本では、セッションを受けるという文化が未定着なために、「そこまで病んでいるの?」「そんなに深刻なの?」という反応をされることも少なくないようです。

家族や友達、先輩などから得られるアドバイスの中には、あなたをサポートするものがあることも事実ですが、あなたにとって何よりも心強く生涯の支えとなる解は、あなた自身によって発見される必要があります。実際にイン・ルーチェにお越しになられる方にも、「どうしたらいいのかな?」と思い悩むことへの解決策が「これまでの考え方では何だかフィットしない」、あるいは「スムーズに行かないことを周囲のせいにしたり愚痴をいってやり過ごすのは好まない」、「もらったアドバイスがしっくりこない」などの思いから、これからの自分に役立つ新しい解を発見されておいでです。

セッションワークを行うなかで何より大切にしていることは、クライアント(来談者)の方の、たった今の状況を尊重し敬意を払うことだと思っています。これによりご本人の内在する力が、安心して活性化を始めます。その姿には感嘆以外になく、人が備える内在力は、本当に素晴らしいとの実感を募らせるばかりです。

「たくさんお話をしたい方」「余り口を開きたくはないが、心の緊張感が疲労感をケアしたい方」「もっと自分の可能性にチャレンジしたい」など、セッションを受ける際の状況は人それぞれです。お一人お一人のコンディションに応じたセッションメニューをご用意できますので、お申し込みの際にご希望を添えて下さいませ。もちろんセッション当日にお伝えくださっても結構です。

イン・ルーチェでは、クライアントの方が、自らの力で、主体的に最良で最善の解を発見されることを何より尊重したプログラムを提供しています。

そのために、以下のような心がけと共に、日々、プログラムの研鑽に取り組んでおります。

ルーツ(根っこ)に滋養を与える

上辺だけを扱う聞こえのよい内容は、一瞬の清涼剤や気分転換には役立ちますが、のど元を過ぎれば元の木阿弥となります。一方で、心の根やコア(核)に繋がることで、自分を信頼することができるようになります。

様々な自分たちを仲良くさせる

私たちは一つに統合された人格を持ち合わせていると思う傾向にありますが、実は、様々な人格を備えています。それらが一つのチームのように協力し合うようになると、様々な場面で自分らしくいられるようになります。

意識の歯車と無意識の歯車とをかみ合わせる

潜在的な能力の宝庫として、重要視される傾向にある無意識ですが、通常の私たちの意識とは、異なった働き方をしています。そして意識と無意識との間にネットワークを築くことで、私たちの可能性は拡張していきます。


心や思考の地層に丁寧に関わる

私たちの心や思考は、何層ものレイヤーから成り立っています。そして、地層ごとに適するプログラムが異なってきます。クライアントの方にとって、最適となるプログラムと出会っていただけるように、目を凝らし、耳を澄ませてお話をお聞きしています。

有機的で持続可能であること

たとえば、自分を辛くさせていた古い思い込みが一新したとしても、そこに新しい思い込みが存在しているのであれば、心の軽さとは無縁のままです。新しい自分であるために、何かを思い込む必要はありません。肩の力を抜いて、無理なく、無駄なくリラックスして関われるプログラムが、心の軽やかさとしなやかさと伸びやかさに最も貢献します。

理性と感性とのバランスを保つ

思考過多な現代人にとって、ストレスフリーの秘策といえば、フィーリングを尊重することです。とはいえ、未来のストレスフリーも望むのであれば、合理的な考察も時には必要です。頭は涼やかに、ハートは暖かくの状態キープを目指しています。