こころのサスティナビリティをお届けします。

コアビーング イン・ルーチェ

無理なく、バテることなく、ふくよかな自分であり続けることを望まれる人を応援しています。

 

 

ふくよかな自分でいられるようになったならば、日々の暮らしや社会に“ふくよかさ”が満ちてきます。

 

とはいえ、21世紀に入り、価値観の多様化は加速の一途を辿っています。
これは選択肢が多岐にわたる世の中になったことを意味しています。
 
そのため、「前の人に倣っていたり、横の人に合わせていたり…」という、これまでの振る舞い方では、知らず知らずのうちに人生の迷子になってしまっていたり、あるいは一生懸命に他者に付いていっているうちに、自分自身の活き活きとした感覚が奪われていたりという現象が見られるようになってきました。
 
本来であれば、価値観の多様化そのものは、一人一人の個性が尊重される素晴らしいことです。しかし、前時代的な振る舞い方のパターンでは、すこしギクシャクとすることも事実です。
 
そこで、イン・ルーチェでは、価値観の多様化の最中、個人個人の質的在り方を尊重して暮らすことを可能にするために、一人一人のコア(中心)を成長させるカウンセリングセッションや、ワークショップを開催しています。

 

色彩学、認知心理学、行動心理学、コミュニケーション学、文化人類学を中心に構成された内容は、いずれも、楽しく、無理なく、楽に、これから時代の大人力ならびに、心のふくよかさを培うことができるように用意されています。

 

ポジティブに考えすぎてバテることのないように、こころのサスティナビリティを第一に考えられた内容ばかりです。

 

 

まずは、寛ぐことを覚え、ストレスフリーになることから初めてみませんか?